即日ファクタリングで資金調達する際の手数料とメリットを比較します

お金・金融

ファクタリングが企業活動の活性化と新型資金調達法として注目されています。
即日ファクタリングに興味をもっている法人・個人の経営者の皆さんが悩まれていることの一つが、資金を円滑に調達することの難しさかと思われます。

現にこの記事は即日融資、公庫融資、銀行融資といった資金調達にお悩みの方に読まれています。

資金調達というと、金融機関からの借り入れを行うのが一般的ですが、借入金の返済等、急な資金需要が発生することがあると思います。
もし、資金調達をして返済することが出来なければ、あなたの会社は黒字でも倒産してしまうわけです。

そこで、この記事では倒産してしまう企業を救うために、運転資金の悩みを解決するために、どのような方法が必要であるか、紹介していきたいと思います。

●このページの目次

ファクタリングとは何か、その仕組み

ファクタリング取引は企業の運転資金による一つの短期金融調達(資金調達)方法です。
個人事業から法人まであらゆる規模の企業が、ファクタリングを利用してキャッシュフローを向上させています。

ファクタリング取引が世界で最初に生成・発展したのがアメリカです。

一般的には一種の金融取引と理解されています。
簡単に言うと、企業がファクターに売掛債権を譲渡し、対価として資金を提供する仕組みです。
ファクタリングは、製造業、輸送業、繊維、医療、介護などすべての産業に及びます。
企業は売掛債権をによって資金を得て、新しい機器の購入や従業員の追加、支払いなどで使用します。

より詳細に説明しますね。

ファクター(ファクタリング業務を営む会社)が、顧客(クライアント)の営業活動による売掛債権を買い取ります。
買取代金について、顧客に資金を供与し、売掛債権の債務者(カスタマー)の信用調査や支払能力のリスクを引き受けます。
そのうえで、その債権の管理・回収および売掛債権台帳を作成します。

ファクタリングのメリット・デメリット

ファクタリングは中小企業の資金調達を円滑にするメリットがあります。
反対にデメリットもありますので、それぞれメリット・デメリットを紹介しますね。

●ファクタリングのメリット

  1. 最短で即日。資金調達が早い
  2. 売掛金さえあれば、資金化できる
  3. キャッシュフローの改善
  4. バランスシートのスリム化、負債にならない
  5. 支払い義務が発生しない
  6. 金融機関やビジネスローンと審査方法が違う
  7. 信用情報への影響がない

ファクタリングは金融機関のビジネスローンや銀行融資とは審査方法が違うため、売掛金さえあれば資金調達が可能な点がメリットといえます。
決算書や信用情報に問題が残らないことも重要な点です。

●ファクタリングのデメリット

  1. 手数料が必要となる – この記事では業界最低水準の手数料であるファクターを紹介しています
  2. 債権譲渡登記が必要となる – この記事では債権譲渡登記費用や抹消費用がかからないファクターを紹介しています

ファクタリングの手数料

デメリットとして挙げた手数料はどのくらいなのか気になっている方もみえると思います。
ファクタリングは3社間取引で1~5%、2社間取引で6~40%と手数料が高いのがデメリットです。

ではなぜ2社間ファクタリングのほうが手数料が高いのでしょうか。
これは、2社間ファクタリングでは債権が移らず、売掛金を直接回収できないリスクを補填するためです。

即日ファクタリングとは

ただし、ファクタリングは運転資金を早急に調達したいといったニーズを考えると手数料は致し方ないという気もしますよね。
ファクターの中には、現金化が早くて1日で行える即日ファクタリングを行う会社もあります。
また長くても1週間ほどと短いのがメリットですね。

例えば、銀行融資では資金を確保するのに1~2カ月かかることもありますので、比較するととてもスピーディに資金調達ができる手段といえますよね。

福岡県・九州でファクタリングが延びている

東京や大阪、名古屋などの企業が多い県だけでなく、福岡県でもファクタリング利用が延びています。
東京での対面契約となると、西日本・九州地方での契約に煩わしさが生じるため、福岡県に拠点をおくファクタリング会社が増えています。

中小企業の資金調達として国も認めています

売掛債権担保の活用を拡大する観点から、契約における債権譲渡禁止特約の解除を産業界に働き掛け続けることが必要である。

売掛債権を活用した資金調達が正当な資金調達手段であることの周知徹底が必要である。

引用元:売掛債権担保及び動産担保の活用に向けて(経済産業省)

ファクタリングとその他の資金調達方法との比較

様々な資金調達方法がありますが、それぞれのメリット・デメリットを比較してどちらを利用するか検討してみてください。
ここでは、その他の資金調達方法と比較してみたので紹介していきます。

ファクタリングとビジネスローンとの比較

ビジネスローンとは、中小企業や個人事業主が借りるローンのことです。
信販会社のビジネスローンでは6~10%、ビジネスローン専業のノンバンクでは10%~18%くらいの金利となります。

ビジネスローンの審査は経営状態が重要視されます。
多数の資料を用意し融資可能か判断されますが、そこで使われるのが「スコアリングシステム」です。
スコアリングシステムとは、用意された決算書の情報を入力することで経営状況を点数化し貸し倒れリスクを算出するシステムです。

審査の点で比較すると、ビジネスローンは審査が厳しくなっていますが、ファクタリングは融資ではないため、資金調達が容易となっています。

ファクタリングと売掛債権担保融資との比較

償還請求権なしのファクタリングのオフバランス化は、担保による借入金である売掛債権担保融資と比較すると優位性があります。
ファクタリングは取扱機関・債権回収主体がファクターに対し、売掛債権担保融資は取扱機関は銀行であり、債権回収主体はクライアントです。

ファクタリングと銀行融資との比較

ファクタリングが銀行融資と違う点は、ファクタリングによって企業が受け取ることが出来る資金調達額に制限がないことです。
ファクタリングは、準備資金と決算書がない新しい企業にとって効果的な財務ツールです。

銀行融資が元金と利子を返済するのに対し、負債をもつものではありません。
また銀行融資の資格として、会社の財務や資産・負債、または信用履歴を確認する必要があるのに対し、ファクタリングでは必要ではありません。

資金繰りはとても重要

会社は損益が赤字でも資金繰りさえ問題なければ倒産はしません。
しかし、黒字であっても資金繰りがうまくいかなければ倒産してしまいます。

資金繰りとは

資金繰りとは、会社に入ってくる資金と、出ていく資金の管理を行い、コントロールすることです。
資金とは、現金だけではありません。銀行などへの預金や株式などの有価証券などすぐに支払いに使えるもののことです。
ただし定期預金はすぐに現金化できないため含めません。不動産も同様です。

資金繰りをスムーズにできなければ、短期的な支払い能力がなくなってしまいます。

資金繰りが苦しくなるケース

資金繰りが難しくなるケースには下記のようなことが考えられます。

●赤字経営

  1. 放漫経営含めて赤字経営であること

●収入と支出のタイミングが合わない

  1. 売上回収サイトが延びた
  2. 仕入支払いサイトが短くなった

●在庫が増えた

  1. 仕入れの支払いが迫っているが、在庫が売れ残っている
  2. 売上がなく収入不足になる

●設備投資で資金不足

  1. 流動資金を設備投資に使いすぎた
  2. 返済に対して、売上利益が十分でないケース

ファクタリングの対象となる売上債権とは

ファクタリングの仕組み・システムが、ファクタリング会社であるファクターに売上債権を譲渡し、買取代金をクライアントは手にするということは説明しました。
即日ファクタリングに申し込もうと考えている経営者の方は、ここで売上債権の対象が何か気になっているかと思います。

対象となる売上債権

  • 売買代金
  • 役務提供代金
  • 運送料・輸送料
  • 請負代金
  • 介護報酬・診療報酬

対象とならない売上債権

  • 譲渡禁止となっている債権
  • 個人に対する、または保有する売掛金
  • 下請代金支払遅延防止法に規定される債権

診療報酬・介護報酬ファクタリングサービスとは

診療報酬・介護報酬ファクタリングについて説明します。

介護事業者が国民健康保険団体連合会に対して請求する介護保険給付費等を、ファクターが前払いするものが介護報酬ファクタリングです。
このサービスを使うことで、介護保険給付費等の受け取りが最大約1.5カ月ほど早くなります。

なぜ介護報酬ファクタリングが介護事業者の運転資金の悩みを解決できるのか説明します。
介護保険サービスは、介護報酬の90%が国民健康保険団体連合会から支払われます。
ただ、その入金には2カ月先となっているため、運転資金を早めに確保したい介護事業者の早期資金回収にメリットがあります。

主な介護報酬ファクタリングを提供する会社として、リコーリース、オリックス、シャープファイナンスがあります。
オリックスは2010年から医療・介護・調剤報酬債権ファクタリングサービスを開始しています。

どのような介護事業者が使っているのか

ファクタリングは原則保証人・担保が必要ないため新規開業したばかりの介護事業者でも利用できます。
例えば、開業直後で追加の銀行融資がおりない事業者や、資金繰りが圧迫している事業者が利用しています。

3社以上に相見積もりをしよう

株式会社Qpa

  1. 個人事業主様でも利用可能なファクタリング会社
  2. 最短即日の資金調達が可能
  3. 償還請求権無しの完全買取
  4. 売掛先に知られず契約可能
売上債権買取の金額的な制限 10万円~1億円まで
売上債権買取の対象 売掛金債権(事業者に対する売掛金債権)工事請負代金債権・運送料債権など

お申し込みはこちら(公式サイト)

中洲貴金属株式会社ファクタリングゴールド

  1. MUFGグループで国内最大の銀行系ファクタリング会社
  2. 保証人・担保不要の資金調達サービス
  3. 法人様だけでなく、個人事業主様も対応可能
  4. 金融機関の信用情報必要なし
売上債権買取の金額的な制限 30万円〜無制限
売上債権買取の対象 法人・個人事業主

お申し込みはこちら(公式サイト)

西日本ファクター

  1. 最短で即日1000万円迄買取り
  2. 簡単手続きお申込み
  3. お見積りお問い合わせは完全無料
  4. 東京に行かず福岡でファクタリング
売上債権買取の金額的な制限 30万円からお気軽に 3000万円まで

お申し込みはこちら(公式サイト)

MSFJ株式会社

  1. 100万円までのスピード審査即対応
  2. 秘密を保持したまま資金調達が可能です
  3. 無担保、無保証で赤字決算、税金滞納でもOK
売上債権買取の金額的な制限 クイックファクタリング最大300万まで
売上債権買取の金額的な制限 プレミアムファクタリング最大5000万円まで

お申し込みはこちら(公式サイト)

三菱UFJファクター

  1. MUFGグループで国内最大の銀行系ファクタリング会社
  2. 業歴40年
  3. 保証ファクタリングサービスもあり
売上債権買取の金額的な制限 残高合計100百万円程度から
売上債権買取の対象先 信用に不安のない企業

お申し込みはこちら(公式サイト)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加