楽天ポイントで投資信託、投信積立をすることで投資デビューをする方法をわかりやすく解説するよ

投資(株・不動産・FXなど)

「まとまったお金を持っていない」
「忙しくて時間がない」
そのような理由で、投資に踏み出せなかった方。

楽天ポイントで100円から投資デビューをしてみませんか?

●このページの目次

楽天ポイントで投資信託を購入するには


2018年9月末時点で1億以上の会員数を誇る楽天グループ。
楽天市場や店舗でのカード利用時に貯まる「楽天ポイント」。

みなさんどのように使っていますか?

2018年のお客様が選ぶ「昨年もっとも貯まったポイント」ランキングで1位になったように、多彩なサービス利用時にガンガンとポイントを貯めることができますよね。
例えば、楽天カードを持っていたり、楽天銀行の口座からカード利用分を引き落としにしていたり、アプリを使っていたり、楽天モバイルを使っていたり。様々なサービスを利用することで最大15倍のポイントがつくのが特徴です。

そのような楽天のサービス利用で貯まるポイントを楽天証券の口座で使うことができます。
それが、楽天ポイント投資!

ちなみにこの楽天ポイントで投資するには、楽天証券の口座が必要になるので作っておいたほうがいいですよ。

そもそも投資信託とは

投資信託とは、多数の投資家からお金を集めて、投資のプロが運用し投資成果を投資家に配当する金融商品です。

「投資信託(ファンド)」とは、一言でいえば「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品」です。「集めた資金をどのような対象に投資するか」は、投資信託ごとの運用方針に基づき専門家が行います。

投資信託の運用成績は市場環境などによって変動します。投資信託の購入後に、投資信託の運用がうまくいって利益が得られることもあれば、運用がうまくいかず投資した額を下回って、損をすることもあります。このように、投資信託の運用によって生じた損益は、それぞれの投資額に応じてすべて投資家に帰属します。

つまり、投資信託は元本が保証されている金融商品ではありません。この点は銀行の預金などとは違うところですので注意が必要です。

引用元:投資信託協会

投資信託は気軽にスタートできる投資商品です。投資デビューにはもってこい。

  • 少額で購入できる
  • 分散投資でリスクを軽減できる
  • 専門家があなたに代わって運用する

投資信託を楽天で購入するメリット

  1. 投資信託の買付代金の一部または全てに、楽天スーパーポイントが利用できます
  2. ほぼ全ての取扱い投資信託が対象となっています。
  3. 100ポイントから利用できるので、小額で投資できる
  4. 投資信託を買うことで、さらにポイントが貯まる

お金を使わずにポイントで投資ができる

気軽に100ポイントから

楽天証券ではポイントで投資信託を購入できるサービスを2017年8月26日から開始しています。
楽天スーパーポイントを利用し投資信託を買付した方(ユニークユーザー)の2018年7月末時点の数値(楽天証券調べ)では、すでに4万人以上が利用しているんです。

ポイント投資利用者の数は、51,006名。
そのうち1000ポイント以下での利用者は50%と少額利用で投資されています。

少額利用が多い理由は、100ポイントから購入できること。
投資信託を初めて買う方が気軽に、しかも自分のお金を使わずに買えるので、ためし買いにピッタリ。

スーパーポイントアッププログラム

月1回500円以上のポイント投資で楽天市場での買い物がいつでもポイント+1倍になります。

実際に楽天ポイント投資で投資信託を買ってみて、本音を話します

楽天で投信を購入してみた結果、感じたことを本音で語ってみたいと思います。
もちろんメリットもあればデメリットもあります。

あくまで個人的な見解なのですが、参考にしてくださいね。

リアルなメリット

●メリット1:お金を使わずに買えるから気が楽

実は他の証券会社でも投資信託を買っているんですが、やはり買うときは「このタイミングでいいのか」と考えがち。
どうしても安いときに買いたい気持ちもあるんですよね。

でも、楽天ポイントだと、あまりそんな張り詰めた気持でもなく、気軽に買えてしまいます。
なにせドンドン貯まっていくポイントだから。

そして、投信を買ってもあまり現在価格が気にならない。
長期投資に向くのが投資信託の良いところなので、価格を気にしなくなるのはメリットといえるかと思います。

●メリット2:ハイリスクな商品にも手を出せる

これ実は、メリット1から派生することなんですが、自分のお金を出したという感覚が少ないおかげで、普段は買わないようなハイリスクハイリターンな投信にも手を出しました。
いわゆるアクティブファンドですよね。
アクティブ型の投信は、保有コストが高くて、平均的な成績が市場平均に劣る。というのは事実です。
でも中には市場平均を上回る成果を上げているアクティブファンドもあります。
どのファンドがそうなるかわからないですが、おためし感覚で買えるのはメリットだと思っています。

リアルなデメリット

●デメリット1:そもそも投資余力が小さい

あくまで楽天ポイントで投資信託を購入しているので、そこまで投資金額が大きくないんです。
だから、アクティブファンドに投資しても、リターンが大きくなるわけではない。

でも、投資の初心者の方には非常に便利だとは思います。
なかなか自分のお金を使って投資デビューするにはハードルが高いですが、ポイントならとても気軽。

どのように投資信託を買うのか、経験してから口座へお金を入金して投資金額を増やしていく戦略をとるのがいいかと思います。

●デメリット2:投資信託をポイント投資していることを忘れがち

他の証券口座も持っていて、そこで投資信託を買っているのです。
そこでは、投資信託を毎月、一定額自動的に買っているんですよね。いわゆる投信積立。

だから、投資信託を毎月買うということを楽天ポイントでは忘れがち。
相場変動のリスクを分散させるためにも、自動積立でコツコツ買うのがベストなんですが。

ポイントでの投資だと、ついつい忘れてしまいますね。

というデメリットもあったのですが、ついにこのデメリットを解決する新サービスが始まりました。
それが楽天ポイントでの投信積立。

どのようなものか下記で説明しますね。

投信積立を楽天スーパーポイントで購入できる

2018年9月30日より、投資信託だけでなく、投信積立でもポイントで投資できるようになりました。
毎月、楽天市場でお買い物したり、楽天カードを使っていると貯まっていくので、それを使って無料で積立投資が出来るのがすごく便利ですよね。

そもそも投信積立とは

「投資信託」は多数の投資家からお金を集めて、投資のプロが運用し投資成果を投資家に配当する金融商品ということは先ほど説明しました。
では「投資信託積立」とは何でしょうか。

これ、字に書いて通りなんですが、投資信託を毎月決まった金額で自動的に積み立てていくものなんです。

●投信積立のポイント

  1. はじめるタイミングが違っても、長期的に将来の収益に影響はない
  2. 毎月決まった金額で買付するため、相場変動に左右されずリスク分散できる
  3. 一度設定すれば、あとは自動的に積み立てするので手間がかkらない

楽天カードクレジット決済で投信積立

楽天証券では、これまで投資信託の積立の引落方法として、証券口座からの引落と銀行口座からの引落を提供しておりましたが、新たに楽天カードクレジット決済が加わります。
楽天カードクレジット決済では月額50,000円までを上限に、クレジットカード払いで投信積立を行うことができ、楽天カードからカード決済額の1%分の楽天スーパーポイントが付与されます。
12日までに申込を行った積立設定分を翌月1日(休業日の場合はその翌営業日)に買付け、その後、27日(休業日の場合はその翌営業日)に楽天カードの引落先の銀行口座から引き落とされます。本サービスはリボ払いの対象外です。

積み立てた金額の1%分を楽天スーパーポイントでゲット

楽天カードで積み立てた金額の1%分を楽天スーパーポイントでもらえます。

●月々3万円を積み立てると

  1. 1年間で、3600ポイントをゲット
  2. 3年間で、10800ポイントをゲット
  3. 5年間で、18000ポイントをゲット

投信を楽天スーパーポイントで購入する流れ

ポイント投資をはじめる流れ

  1. 楽天証券および、楽天銀行の口座を開設する。
  2. ログインして注文入力画面でいくらポイントを使うか入力します。
  3. ご注文内容画面でポイント利用の項目があります。ここに利用可能ポイントが表示されます。
  4. 1ポイント1円から利用可能です。

口座をお持ちでない場合には口座開設をおこなってください

まずは下記の「かんたん口座開設」ボタンをクリックして、口座申し込みページにとびます。

まずは本人確認書類を準備します。名前、住所、生年月日が明瞭に確認できる書類を提出する必要があります。
下記のいずれかが必要となります。

  • 運転免許証【表/裏】
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書
  • 各種健康保険証【表/裏】
  • 住民基本台帳カード
  • パスポート(日本)
  • 在留カード
  • 特別永住証明証【表/裏】
  • 個人番号(マイナンバー)カード

楽天IDをお持ちの方は、ログインして次のお客様情報の入力画面へ飛びます。
すでに会員の方は、入力部分が埋まっているため、確認していくだけでいい状態です。

入力後、本人確認書類を提出して口座開設完了です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加